• 熊谷亘泰事務所 熊谷亘泰

消費税の軽減税率について(その2)


前回から3回シリーズで、消費税における軽減税率について特に影響の大きい飲食店、食料品店、食品メーカー、農業関係者向けにポイントを述べています。

第2回のテーマは、軽減税率の対象となる場合とならない場合についてです。

前回も述べましたが、軽減税率は8%で適用される飲食料品は、

「酒類を除く飲食料品であり、外食やケータリングは対象外」

でした。

今回はより具体的に軽減税率の適用対象について例示で述べます。

1.「レストランで食事中お腹いっぱいになったので、残り物を持ち帰った場合」

 この場合、元々の役務提供目的が「外食」(食事の提供)であるため、「10%(軽減税率対象外)」となります。(消費税の軽減税率制度に関するQ&A個別事例編 問43参照)

2.「食堂から、パーティに使うオードブルをパーティ会場まで宅配したもらった場合」

 この場合、オードブルの宅配のみであれば、「8%(軽減税率対象)」となります。一方、会場でセッティングや調理サービスがある場合は、「ケータリング」に該当し、10%(軽減税率対象外)」となります。(消費税の軽減税率制度に関するQ&A個別事例編 問56~59参照)

3.「コンビニで昼食に弁当を購入し、コンビニ内のイートインコーナーで食事した場合」

 この場合、「外食」(食事の提供)であるため、「10%(軽減税率対象外)」となります。(消費税の軽減税率制度に関するQ&A個別事例編 問41参照)

 なお、コンビニのレジでお客様がどこで食べたのか判断することは実務上不可能です。実務上の対応については、次回お話しします。

4.「料亭の板前さんが煮物に使用するみりんを仕入れた場合」

 この場合、「酒類」の売買取引であるため、「10%(軽減税率対象外)」となります。(消費税の軽減税率制度に関するQ&A個別事例編 問12参照) 

みりんをそのまま飲むケースはお屠蘇くらいであまりないと思いますが、酒税法上の「酒類」に該当し、消費税法上も軽減税率の対象とはなりませんのでご注意ください。

5.「酒造メーカーが酒米を仕入れた場合」

 この場合、上記の4.とは反対に「飲食料品」の売買取引であるため、「8%(軽減税率対象)」となります。(消費税の軽減税率制度に関するQ&A個別事例編 問16参照) 

6.「スーパー、コンビニで缶入り甘酒を購入した場合」

 この場合、甘酒は酒税法上の「酒類」に該当しないため、「8%(軽減税率対象)」となります。(消費税の軽減税率制度に関するQ&A個別事例編 問14参照) 

7.「ドラッグストアでサプリメントを購入した場合」

 この場合、「医薬品」や「医薬部外品」、「再生医療等製品」に該当する商品は、購入した店の形態に関係なく「10%(軽減税率対象外)」となります。

 一方、「特定保健用食品」「栄養機能食品」等「医薬品」等に該当しない商品は、を含め「飲食料品」に該当し、購入した店の形態に関係なく「8%(軽減税率対象)」となります。

(消費税の軽減税率制度に関するQ&A個別事例編 問21,22参照) 

8.「ECサイトで北海道産のじゃがいもを購入し、東京までの送料を別途負担した場合」

この場合、じゃがいもの購入代金については「8%(軽減税率対象)」となりますが、送料については「飲食料品」の購入ではなく、運送役務の提供に該当するため、「10%(軽減税率対象外)」となります。(消費税の軽減税率制度に関するQ&A個別事例編 問32参照)

9.「じゃがいも農家が種芋を購入した場合」

 この場合、種芋は食用のじゃがいもではないため、「10%(軽減税率対象外)」となります。(消費税の軽減税率制度に関するQ&A 個別事例編問6,7参照)

10.「メロンを高級化粧箱入りで、デパートの食品売り場で販売した場合」

この場合、化粧箱に商品の名称を直接印刷するなど、該当する飲食料品に販売するためにのみ使用する場合は、「8%(軽減税率対象)」となります。(消費税の軽減税率制度に関する Q&A 問24)

一方、化粧箱が飲食料品に販売するためにのみ使用するとは限らない場合は「一体資産」に該当し、以下のいずれにも該当する場合、化粧箱を含めた商品全体が「8%(軽減税率対象)」となります。

 ・一体資産の譲渡の額(税抜価格)が1万円以下

 ・税抜価格のうち、飲食料品の価格として合理的に按分計算した金額の割合が3分の2以上

なお、上記2つの要件のいずれかに該当しない場合は、中身のメロンを含めた商品全体が軽減税率の対象となりませんのでご注意ください。(消費税の軽減税率制度に関するQ&A個別事例編 問63参照)

国税庁が公表している「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」には他にもいくつもの事例がありますので、ご参考になさってください。

リンク:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/03.pdf

次回は、軽減税率導入に伴う実務上の留意点を取り上げます。

#消費税 #軽減税率 #租税

最新記事

すべて表示

確定申告のご相談はお早めに!

確定申告の時期は年が明けて2月から3月です。 しかしながら確定申告に必要な準備は意外に時間がかかるものです。医療費、住宅ローン、保険料などなど… 例年確定申告の時期には、税務署などに確定申告相談コーナーが設けられ、納税者の相談に答えています。しかしながら、多くの方がいらっしゃることから相談に応じる時間に限りがあります。また、相談内容によっては、調べる時間にお時間を頂くことがあります。 そのため、確

© 2018 by Nobuyasu Kumagai. Proudly created with Wix.com  

  • Facebook2
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Twitter Icon