• 熊谷亘泰事務所 熊谷 亘泰

租税法律主義


今回は、租税法律主義の意義について私見を述べます。

 租税法律主義については、日本国憲法第84条に「あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする」と規定されています。教科書的に趣旨を言いますと、「法律で書かれていること以上に税金を国民から取ることはできない」ということです。

 もし、この規定がなければどうなるのでしょうか。政府や自治体が都合の良いように税金を取ることができるのです。今でも「政府と与党が都合よく税金を決めているのでは?」とお思いの方もいると思いますので補足しますと、

 ・消費税は8%取られるけれども、それ以上の率で取られることはない

 ・事業経費となるものは限定されているけれども、法律に書かれているものは認められる

 ・脱税行為をしない限り、予想だにしない税金が取られることはない

のです。

 もし、税金を下げるべきというのであれば、法律の改正をすべきなのです。法律の改正なくその時の税務当局の裁量で税金を上げろ下げろと主張することは、自分だけ良い思いをすれば良いと主張しているのと同じことです。自分だけ良い思いをしようとしても、結局は悪い思いをした人からしっぺ返しをされることになります。

 税金を下げると主張する理由は、我々国民皆が生活しやすい環境を作るべきだからではないでしょうか。生活しやすい環境づくりをするのであれば、国民から取った税金を国民の生活環境の改善に充てることでも実現できます。

 単に税金が不当だと主張するのではなく、納税義務を果たして税金をきちんとした使い道に使っているかどうか国民一人一人が関心を持つことで、政府や自治体の税金の無駄遣いを防止し、ひいては税金の引き下げに繋がると信じている今日この頃です。

#法律 #租税

29回の閲覧

最新記事

すべて表示

確定申告のご相談はお早めに!

確定申告の時期は年が明けて2月から3月です。 しかしながら確定申告に必要な準備は意外に時間がかかるものです。医療費、住宅ローン、保険料などなど… 例年確定申告の時期には、税務署などに確定申告相談コーナーが設けられ、納税者の相談に答えています。しかしながら、多くの方がいらっしゃることから相談に応じる時間に限りがあります。また、相談内容によっては、調べる時間にお時間を頂くことがあります。 そのため、確

消費税の軽減税率について(その3)

来年10月に導入予定の消費税の軽減税率の解説3回シリーズは今回が最終回です。最終回の今回は、軽減税率の影響を受ける食品業界が実務上対応すべき以下の3つのポイントを説明します。 1.軽減税率が適用される食品関連業者の日常対応 2.軽減税率適用に伴う、請求書・レシートにおける消費税の表示方法 3.軽減税率導入に伴う、簡易課税制度区分の変更 1.軽減税率が適用される食品関連業者の日常対応 前回もご紹介し

© 2018 by Nobuyasu Kumagai. Proudly created with Wix.com  

  • Facebook2
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Twitter Icon